メインイメージ画像

賃事務所の選び方で迷っている方は

img

賃事務所の選び方で迷っている方は、賃料を比較して最適な事務所を見つけ出したいですね。近年は各業者のHPで物件の条件を詳しく設定し、一度に多くの物件の賃料を比較することが簡単にできますので、便利に使えるでしょう。この時、違う不動産屋のオフィスを比較する場合に留意することがあります。事務所の詳細や家賃に含まれる費用が業者によって異なるケースが見受けられるので、賃料が安いだと思い込んでいたら共益費を含めていなかったということもありえますので、内容にしっかり目を通し、丁寧に比較しましょう。

事務所を使っていて更新時期を初めてする前に、ポイントをまとめてみましょう。もしも続けて入居を希望するなら、前もって自動更新なのか、契約更新の申請が必要かを確認しておきましょう。賃貸契約の更新時には大抵、月々の賃借料とは別に更新料や事務手数料を支払います。不動産業者にもよりますが、約2ヶ月程度の賃料の金額であることが一般的です。それと、契約更新では次の更新までの期間の家賃の金額改定がオーナーに認められているので、家賃が変わっていないかチェックしておくのが重要です。

事務所探しをする際に、相場をエリア別、もしくは賃貸物件のタイプごとにインプットしておくのは役に立ちますね。事務所の賃借料相場はどうやったら知ることができるでしょうか?最近は不動産サイトでの検索が条件を詳細に設定してできますから、場所ごとの家賃や坪あたりの単価の平均がすぐに分かるようになっています。そして、こだわりの希望条件で探して相場を知ることも簡単にできるのです。大抵の相場をチェックできたら、実際のビルを見た時にその賃料が納得出来る金額か判断材料に出来ます。

事務所を探す時に軽視しがちなのが、セキュリティの問題でしょう。事務所であれば深夜など無人になる時間帯が外部にも見て分かるため、空き巣被害に遭いやすい傾向があります。しかも、先々に肝心の顧客リストや有価証券など信用に関わるものが保管されるわけですから、もしもの事態があれば会社の信用に傷がつき、会社復旧のためのお金の面での損失も大きくなります。第一に確かなセキュリティの設置された物件か、もしくは後から導入可能かを確認しておくことです。

更新情報