メインイメージ画像

貸事務所の比較の場合

img

貸事務所の比較の場合、選び方の要点に社屋の構造も入ってくるものではないですか?分かりやすいものとして、天井高が挙げられます。最初の頃は構造など頭に入れないで、下調べをしていた人も、いくつかを見比べていくうちに、貸事務所によって大体同じ大きさなのに、貧相に感じてしまうオフィスと、広々と感じる事務所が出てくることに気づくのではないですか?これはフロアの大きさということではなく、天井の高さによるものです。ビルの構造は、快適なオフィス環境に直接関係するでしょう。

貸倉庫探しませんか?こちらで検索

事務所探しの際には天井の高さに関して見落としてしまうものです。天井の高さが低いと、想像以上に威圧感があるもので、息苦しさや不快感が拭えないものです。通常の事務書であれば、事務所の天井高は最低2.6メートル位は確保するべきで、2.7mを超えると快適な開放感が得られると言われています。インターネットの検索サイトでは天井のメーター数をもとにしてビルの検索ができるようになっていますから、活用してみましょう。ここで、築後古い物件には天井高の低い建物が多く、注意が必要です。できるだけ天井の高さを確保し快適な空間の環境をおすすめします。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

事務所選びで非常に大事なのは立地がどこかという点と考えてよいのには訳があります。新事務所でビジネスをする場合、最初にカスタマーを集めるというのが肝心でしょう。ですので、なるべく多くの人の注意を引き、交通の利便性が良い立地の場合、新規クライアントを容易に引き込めると考えられますね。しかも、事務所の最寄り駅や場所の名前によって、その会社の印象も左右できます。ですから、ウェブ経由でお客様を集めたいケースに有効だと言えます。大きな負担にならない賃料の範囲でなるだけ良い条件の立地を探すと良いでしょう。

更新情報